セバスチャン

更新: 2016年7月13日

セバスチャンは、初代カルドセプトに登場するセプターである。ここではポコポコについても解説する。

概要

病弱な母を持つ心優しい少年。ある日セバスチャンの目の前にかわいらしい小動物が現れた。
その小動物であるポコポコは母の病気を治すためには世界征服をすることを提案し、
セバスチャンはポコポコの言うがまま、世界征服に向けて活動を始めるのであった。

実はポコポコは魔物の化身ゼルブブであり、セバスチャンのセプター能力を見抜いて利用していた。
劣勢時には戦いの最中でものんきなセバスチャンに悪態をついたりすることもある。

ポコポコはセバスチャンのセプター能力でスネフの街を機能停止に追い込んでいたが、
主人公に戦いで懲らしめられて反省し街の為に働くこととなった。

AIとしての特徴

水・地属性人族クリーチャー中心のブック
全体的にコストは安めで、水・地属性土地を重点的に抑えてほどほどに魔力を残して土地レベルを上げる。

戦闘は勝てるときしかしないが武器巻物アイテムは貧弱なため、
相手の防御面が著しく低いなどの状況でもないかぎり、まず戦闘にはならない。
アイテム巻物が多めで強化ブックである「守りの水地」には巻物が5枚も入っている。
巻物強打持ちクリーチャーも多いので常に巻物強打が出る状況である。

スペルはかなり貧弱。コストが低いのでいつでも使える一方、スペル1枚で大逆転という展開は考えられにくい。

全体的に個々のカードパワーは低めのため、強力なアイテムと性能のいいクリーチャーで立ち向かえば、
特に方針のないブックでも問題なく勝てる。

使用ブック・解説

ブック 使用 解説
(ブック1) 1EX 初回対戦時ブック人族クリーチャーが多いブック
(ブック2) 1EX ゲームクリアー後使用。クリーチャーはそれなりに強化されたが、アイテムスペルは大して強化されず。
人族いっぱい DS 初回対戦時ブック無属性が多少弱体化。
守りの水地 DS ゲームクリアー後使用。特に変更なし。

主な使用カード

漫画版

その他

関連