ゼネス

更新: 2016年7月13日

ゼネスは、カルドセプトシリーズに登場するセプターである。

概要

小国の王子だったが、権力争いの中で父と左目を失い孤独の身となる。
その後サルバトールと出会い、弟子となって左目に竜眼を移植。ホロビッツらと共にサルバトールの下で修行の日々を送る。

ある時、サルバトールの修行中に村人はサルバトールのことを悪魔の化身と思い、サルバトールの住む小屋を襲撃。
カードで平和をもたらそうと考えていたサルバトールはその信念にそって無抵抗で死んでいった。
ゼネスの怒りは爆発し、サルバトールを殺した村人達を倒して世界征服を始めることとなった。

ロカを旅立つ主人公に勝負を挑むも返り討ちにあい退散。その後東に進む主人公とゴリガンの前にしつこく登場して戦いを挑む。
実に半数以上のマップ(7ステージ)で登場して、ロカ以外は3人戦になる原因となっている。

バルテアス封印後は神となる権利を得たが、戦い続けるため神ではなく亜神(3DSでは戦神)となり、次元を渡り歩き戦いをするようになった。
そのためセカンド以降では戦神として登場し、その世界の主人公に勝負を挑んでいる。

3DS版でのキャッチコピーは「次元の放浪者」。セカンドでは一定条件後、シナリオをクリアせずとも現れたが今回は……

AIとしての特徴

とにかく攻撃的で、各色の戦闘に強いクリーチャーと豊富なアイテムを使って敵土地を奪っていく。
シャッターなどで割っていくにも次々とアイテムが供給されて間に合わなくなることが多い。

侵略はある程度勝ち目があるときのみ行うが、露骨に負け確定でもやってくる。
クリーチャーが4属性すべて揃っているため、地形変化はほとんど使わずクリーチャー交換属性合わせをし、土地レベルはごく普通に上げる。

アイテムの中で巻物は無きに等しいため、デコイワンダーウォールのような無効化クリーチャーを使えば守れるかと思いきや、ダメージスペルを使ってくるため、HPの低いクリーチャーでは意味がない。

スペルのサポートはダメージスペル以外は乏しく、ヘイストシャッターマナが少し入っているぐらいである。本人はスペルで妨害するよりも、戦闘で土地を奪い取るのを主眼としているようである。

狭いマップでは恐ろしい強さを誇るがクリーチャーコストは総じて高く、侵略をしない時は土地クリーチャー属性合わせを優先させるため展開が遅い。
コストの高さを突いて開始早々スロウバックワードドレインマジックペインなどで魔力を絞っていけば何もできずに封殺も可能である。

使用ブック・解説

ブック 使用 解説
(ブック1) 1EX 初回対戦時ブック。この頃から4色投入。
(ブック2) 1EX ゴザ対戦時ブック。カードの性能が上がった。
(ブック3) 1EX タリオ~ギルマン戦使用ブックグレムリンアムルや先制が面倒。
(ブック4) 1EX ナバト以降で使用。搦め手を使わず戦闘でねじ伏せる。
リュエード 2nd 初代の登場カードのみ使用。
竜眼 SAGA セカンドまでのの登場カードのみ使用。珍しくスペル(主にダメージスペル)が多めのブック地属性が入っていない。
復讐の誓い DS 初回対戦時ブックG・スネークG・スパイダーは無くなった。
漂泊者 DS ゴザ対戦時ブックスロウは無くなりマインが追加。
剣と女王 DS タリオ~ギルマン戦使用ブックマインが無くなりシャッター追加。
覇道の拳 DS ナバト以降で使用。バンディクートパイロマンサーに変更されイビルブラスト追加。
死神 3DS レベルアップステージレベル6から使用。即死能力持ちが多数の他、物理無効化持ちの対策も十分。
乱・旧世界 3DS 3DS版のおまかせブック。固定・ランダム選出共に『カルドセプトDS』で出てきたカードで構成される。存在的にはリエッタの「乱・新世界」と対になっている。

主な使用カード

漫画版

その他

関連