ベルカイル

更新: 2016年7月13日

ベルカイルは、初代カルドセプトに登場するセプターである。

概要

大陸中央のバルティス脈の近くにあるナバトにいる神父。
大きな都市だったが争いの末に廃墟となり、残った住民達に邪神モルタビアを崇める邪悪な宗教を広めていた。

街にやってきた主人公とゼネスをモルタビアの生け贄にしようと戦闘を仕掛けるが、返り討ちにされる。

戦闘後、ベルカイルや街の人々が聞いた「儀式を行え」との声は自分が信じていた邪神ではなく、
カルドラの呪いを解かせるためにベルカイルを利用したバルテアスの声だとわかった。
ベルカイルは復活してしまったバルテアスを倒すべく旅立つ、主人公とゼネスの無事を神に祈りつつ送り出すのであった。

AIとしての特徴

主力は水・風属性不死族クリーチャー。強化ブックでは地属性も加わった。
属性は選んで取っていき、ホロビッツ同様無茶なことはしない。
防御力重視だが一応ナイトメア武器を持たせて貫通攻撃という侵略コンボは用意してある。

アイテムは大半が防衛用アイテムネクロスカラベバンパイアリングの先制などで侵略を寄せ付けない。
一方スペルは意外と攻撃的で、高額地回避のホーリーワードXと自拠点防御用のランドプロテクト以外は
セプターやクリーチャーを攻撃するものばかりとなっている。

クリーチャーの大半が不死族なので、対策カードとなるクレリックホーリーシンボルホーリーブライトを有効に使いたい。
特にホーリーブライト全体スペルのためランドプロテクトで防がれることがない。

使用ブック・解説

ブック 使用 解説
(ブック1) 1EX 初回対戦時ブック。不死族多数の水風ブック
(ブック2) 1EX ゲームクリアー後使用。地属性も追加されてますます防御力アップ。
闇の尖兵 DS 初回対戦時ブック。ホーリーワードX・ランドプロテクトの投入で妨害は控えめになった。
暗黒教団 DS ゲームクリアー後使用。ドラゴンゾンビは竜族になったが続投。
信徒結集 DS ゲームクリアー後ケルダーで使用。ゼネスとの同盟は意識していないがミランダ対策カードが多数の水風ブック

主な使用カード

漫画版

その他

関連