ミュリン

更新: 2016年7月13日

ミュリンは、カルドセプトセカンドに登場するセプターである。

概要

ジェム教団バルベリトの左腕の水使いのセプター。セプター能力を持つ孤児としてバルベリトに拾われてミュリンという教団名をつけられる。

冷静で感情を表に出さないため冷酷に見えるが、ガミジンとは幼い頃から長く一緒にいた事もあり愛情を感じている。
一方バルベリトのことは自分達を利用していることをわかっているが、これまでのことから命令に背くこともできないでいる。

戦闘後ガミジンカタストロフィによる自爆に自らも付き合うが、主人公による妨害で失敗に終わる。
主人公に感謝はしたが、ガミジン同様すぐに立ち去っていった。

3DS版でのキャッチコピーは「水の使い手」。厚い鎧はなくなり胸元が見えるようになり、より美しく見えるようになった。

AIとしての特徴

水属性クリーチャーのみ使用。守りに長けたクリーチャーが多くHPが高い。
ガミジンのサポートのため弱体スペルを多用して妨害し、自分達の土地には強化呪いをかける。攻撃面はあまり適したクリーチャーはいない。

行動はガミジンのように攻撃的ではなく、魔力の余裕を残して土地のレベルアップをするため、
結果として土地レベルは満遍なく上がることとなる。余った魔力で護符の購入も行う。

アイテムには侵略用にトライデントウォーターアムルが入っている。
防具も多いが装備できないクリーチャーが多いため相性が悪く、強化ブックでは道具に変更されている。

スペルガミジン同様、使用属性の水土地確保用のスペルの他は相手の妨害と自分の防衛のための呪いスペルが大半を占めている。
ブックによっては呪いスペルをつけてエグザイルで連鎖切りを仕掛けてくる。

対策として、妨害呪いをかわすためにランドプロテクトや防魔持ちクリーチャー拠点という点ではガミジンと同じ。
侵略されてもティアリングハロー以外無効化対策が無い上に、巻物が使えないクリーチャーが多い。
魔力は多めに手元に残すことからドレインマジックを使えば自分の魔力も大きく増えて一石二鳥になる。

使用ブック・解説

ブック 使用 解説
水流波 2nd 初回対戦時ブックケルピーが入っており土地レベルを上げられると洒落にならない。ウォーターアムルサファイアリングのおかげで水属性に似合わぬ火力が出るが、無効化には手が出ない。
凍結縛 2nd 対戦モードで使用。防具が装備できないクリーチャーが増えたがもう防具ブックにない。ヘルブレイズ追加とドルールウォーターアムルで高額地を落として居座る展開に注意。
凍結縛 2EX 追加カードで入ったイエティグリンデローシーボンズも恐ろしいが、弱体呪いをかけられてエグザイルを食らう展開が一番怖い。
水流波 3DS 初回対戦時ブックアイテムの変更により攻撃力減少。しかし一部スペルにドローがついてカードを引きやすくなった。
凍結縛 3DS レベルアップステージで使用。呪いスペルをつけてエグザイルには土地コスト持ちや防魔持ちクリーチャーを拠点にして対抗したい。
水弱体 3DS 3DS版のおまかせブック無属性も入ってきて弱体化スペルが選出されやすい。これまでのブックとは違いスペルは少な目。

主な使用カード

漫画版

その他

関連