ミューテーション

更新: 2016年7月13日

ミューテーション (Mutation) は、全作品に登場する皆勤賞カード。セカンド・セカンドEX・サーガ・DS・3DSでは単体呪いスペルに、初代・EXでは守備系スペルに、モバイルではその他スペルに分類されている。

カード名 作品 種類 消費 効果
ミューテーション 3DS 単呪S G60 対象クリーチャーMHP+20(最大100) : 毒の呪い効果を付ける
ミューテーション DS 単呪S G60 対象クリーチャーMHP+20(最大100) : 毒の呪い効果を付ける
ミューテーション サーガ 単呪N G40 対象クリーチャーMHP+20(最大100まで) : 毒の呪い効果を付ける
ミューテーション セカンドEX 単呪S G40 対象クリーチャーMHP+20 : 毒の呪い効果を付ける
ミューテーション セカンド 単呪S G40 対象クリーチャーMHP+20 : 毒の呪い効果を付ける
ミューテーション EX 守S G30 対象クリーチャーMHP+20 : 毒の効果を付ける(継続)
ミューテーション 初代 守S G30 MHP+20するが、毒の効果が付く(継続)
ミューテーション モバイル 他S G20 侵略時ST+10防御時HP+10に変化し戦闘終了時毎にHPが10減少

解説

MHPを一気に20上昇させる代わりに、毒の呪いもかけてしまうスペル。通称ミューテ。
グロースボディ2回分のコストと比較するとやや割高だが、その分枚数は少なくて済む。
MHP+20は信頼性が高くHP30程度のクリーチャーでも拠点にできるほど。
3DSで毒の仕様がMHPの30%から50%へと変わったためリスクは大きくなったものの、
他の呪いスペルも一枚引く効果がついて強化されたので上書きでカバーしたい。また、移動やリリーフでも解除できる。

いざというときは相手に使って侵略への足掛かりとすることもできるが、
侵略するまでに毒の呪い効果を消されてしまうとただ相手のクリーチャーを強化するだけで終わってしまうのでタイミングなど気を付けたい。

シーボンズとは非常に相性が良く、毒のデメリットを無力化しつつ強化できる強力なコンボとして有名。
ただそのまま放置しているとエグザイルされる可能性があるので、ランドプロテクトなどの用意をしておくといい。
バサルトアイドルを採用しているブックならメリットだけを得られるので採用を検討できる。

コメント

:#comment() -disabled-

関連

PROPHECY カードデータ